実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください


初心者🔰でもできる!
HAWAKCASTとは


  • 一般的な数分間隔の情報更新をするGPSとは異なり、高精度GPSを用いたトラッキングによって秒間隔の位置情報を更新表示する特徴を活かしたネット配信型サービスです。
  • スポーツに特化した速度、移動距離、通過順位をリアルタイムにアプリで見える化し、スポーツを「する・見る・支える」すべての人にとって役立つコンテンツを提供します。
  • 競技内容やイベント運営内容に合わせてアプリ画面をカスタマイズすることができ、競技をさらに盛り上げる次世代スポーツエンターテイメントを提供します。

  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。


1分でわかるHAWKCAST

   GNSSデバイス(GP01)の基本スペック
  製造メーカー:KYOCERA (Made in Japan)
  型番:LU1CM013(カスタマイズ)
  サイズ:約83×49×13.8mm(重量:約63g)
  電池容量:1,500mAh
  使用可能衛星:GPS/GLONASS/みちびき
  位置情報更新間隔:1秒
  データ送信間隔:5秒
  通信:LTE-M SORACOM PLAN-D(docomo回線)
  加速度センサー内蔵動作時間:約10時間連続動作


無料お見積もり受付中!


イベント運営に関するお悩み

リアルタイム観戦を
遠隔からでも可能にしたい
初心者でも気軽に
観戦を楽しめるようにしたい
イベント運営の
コストや手間を減らしたい
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

 HAWKCASTで解決 

初心者でも楽しめるビジュアル
競技に合わせた情報(選手情報、ラップタイム、速度など)の表示によって初心者でも楽しめる映像コンテンツをご提供します。ルールや選手がわからなくてつまらないという状況を無くし、誰もが観戦を楽しむことができます。テレビや配信だと映っている部分しか見ることができませんが、自分の知りたい情報をいつでも自由に見る事ができます。また、イベント後にも見ることができるため、家族や仲間とレースを振り返って楽しんだり、他の選手とのレース展開やコース取りを比べてみたりと、これまでにない体験を通して、新しいファンの獲得や競技の楽しみ方をご提供します。
運営の省力化・効率化にも最適!
選手や運営陣の位置情報表示に加え、スタートやゴール、中継地点など任意の場所にHAWKCASTを設置することで、自動でタイム計測や距離計測を行うことができます。それにより、各チェックポイントでの測定機材や計測スタッフが不要となるだけでなく、各通過地点と併せて選手の移動状況も把握できるため、コース撤去や規制解除を適切なタイミングで的確に行えるようになります。陸はもちろん、水上でも設置することが可能なため、今まで掛かっていたいた手間や費用が大幅に抑えられ、スピーディーで効率的な運営を実現することができます。
どこからでもOK!Webリアルタイム観戦
リモートでどこからでもWeb観戦でき、現地でも、いつ、どのタイミングで応援したい選手がどこにいるのかが分かるため、ピンポイントで応援することができます。マラソンや、海の上や山の中のスポーツなど、これまで直接応援が難しかった競技の観戦を実現します。選手の速度やペース、順位など、まるでその場所にいるかのように遅れがなく、レース展開が分かります。会場のモニターやお手元のパソコン、タブレット、スマホで、どこからでも気軽に楽しく観戦、応援できるため、競技やイベントの更なる盛り上がりが期待できます。


無料お見積もり受付中!

おかげさまでお客様満足度No1!!


選ばれる理由


ご利用事例

小規模イベントから地方大会、国際規模の大会まで、これまで数多くのお客様にご利用頂いております。

琵琶湖トライアスロン大会
≪バーチャル同時スタート≫

2022年7月2日に滋賀県南西部の琵琶湖岸にて開催されたトライアスロン競技大会「Lake BIWA Triathlon in Moriyama」において...
続きを読む

第99回全日本選手権大会
≪ラップタイム自動測定≫

2021年10月28日~10月31日に埼玉県戸田市・戸田ボートコース(全長2000M)にて開催されるボート競技(ROWING)大会で...
続きを読む

国際セーリング競技大会
≪大規模大会の運営≫

2021年7月25日~8月4日に開催された2020年セーリング競技の運営支援に、みちびきの…
続きを読む

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
あらゆるイベントでご満足いただけます!

多数の採用実績

 セーリング/ウインドサーフィン 
ウインドサーフィンW杯2018、東医体セーリング大会@閖上 2018、ウインドサーフィンW杯2019、プリンスカップ@琵琶湖 2020、九州ヨット選手権 2020、鎌倉カップ2021、東京2020セーリング競技、420級全日本選手権@佐賀 2021、ウインドサーフィンW杯2022

 スタンドアップパドル(SUP) 
多摩川ダウンリバーレースULTRA-T80 2018、多摩川カヌー駅伝、APP SUPワールドカップ大阪大会2019、Redbull Heavy water in Sanfrancisco 2019、Standup Paddle Premium League 2020、荒川ダウンリバーレースULTRA-A80 2021

 ボート競技 
茨城県スプリント選手権2019、コースタルローイング蒲郡大会2019、早慶レガッタ2021、日本ボート協会全日本選手権2021、諏訪湖ロングレース、早慶レガッタ2022、日本ボート協会全日本選手権2022

 トライアスロン競技 
宮古島トライアスロンテストイベント2022、琵琶湖トライアスロン大会(実証実験)2022


ご利用料金 3,000円〜

スポーツに特化した高品質サービスをリーズナブルな価格で。
お見積りをご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。


お客様の声

「過去一番の大会」

セーリング大会運営者
今までのレースでは通常、各艇が何時に岸を出発し、何時に帰着したかを運営事務局に申告していました。しかし、今回は選手の位置情報を常にシステム側で管理できたため申告不要となり、スタッフも選手も手間を省くことが出来ました。また、選手がどこにいるのか常に確認できたため、選手の安全管理もしっかりできました。
応援に来ていた人からは「今まで沖でのレースは見れなかったのに、WEBで見れるようになり過去一番の大会でした」とお声を頂けました。次回開催する際も、必ず導入したいです。
VOICE

「HAWKCASTなしでの運営は考えられない」

トライアスロン大会運営者
トライアスロンはラン、バイク、スイムで構成され、3種目すべてのタイム計測機材をそろえる必要があり、膨大な費用が掛かっていました。HAKWCASTの導入でコストも設営の手間も省けました。
コースの設営に関しても、今まではGPSウォッチなどの簡易距離計測機能で概算して何度も調整が必要でしたが、Web画面で距離の測定後、設置する事で一発でピタリと決まりました。作業の手間も時間も半分以下になり本当にスムーズな運営が行えました。
選手からは「リアルタイムで家族が見てると思うと、いつも以上に気合が入る」という意見を聞き、選手、サポーターにとっても良い大会になったなと実感しました。
VOICE

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
VOICE


ご利用までの流れ

STEP 1
Webからのお申込み

当サイトの「お問合せ」フォームより必要事項を入力しお問合せください。

・ご利用希望期間、利用開始日
・使用するイベント、大会の詳細
・利用台数 等

STEP 2
担当者からご連絡
担当者よりメール又は電話にて詳細確認のご連絡を差し上げます。お客様に合わせたプランをご提案させて頂きます。

・ご希望のカスタマイズ詳細

・見積書、注文書のご送付
STEP 3
デバイス受取・利用開始
商品はご利用開始日の前日迄にお届けします。デバイスご利用時には、当サイトのマニュアルを必ずご確認ください。
デバイスのオンライン状態確認などはHAWKCASTにてご確認いただけます。
STEP 3
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。


マニュアルダウンロード

デバイス取扱説明書(GP01 V20)
HAWKCAST Cloud Edition 概要マニュアル
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。


よくあるご質問

  • Q
    国内どこにいても使えますか?
    A
    本製品は、docomoのLTE回線を使用しています。LTEサービスエリア内であれば、標高の高い山や海上でもdocomoのサービスエリアマップで「LTE」のエリアですと、どこでも利用可能です。
  • Q
    システムの操作が複雑そうですが、大会運営者だけでのオペレーションは可能ですか。
    A
    はい、可能です。取扱説明書の通りに操作を進めて頂ければ問題なくどなたでもご利用いただけます。また利用時には、遠隔でリモートフォローさせて頂くサービスが基本料金に含まれておりますので、ご安心ください。
  • Q
    観客向けにエンタメ性のある映像を配信しながら、イベント運営管理を同時に行いたいと思っています。同時にシステムを管理することは可能ですか?
    A
    はい、可能です。競技によってそれぞれ使用する際の環境が異なりますので、まずはお問合せフォームよりイベントの詳細やご要望をお聞かせください。お客様のご要望に沿ったサービスを提供させて頂きます。
  • Q
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
    A
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
【画像表示位置の設定】を使用すると画像が正しい比率で表示されない可能性があります


メッセージ

HAWKCASTは、自らがウィンドサーフィン選手として上達の助けとなる、従来に無いトレーニング装置として、最先端のICT技術を駆使して開発しました。

従来の競技の良いところは残しながら、GPSの情報を活用して最先端のICT技術を導入することにより、やる人だけでなく見る人も楽しめ、競技の新しい楽しみ方が増え、選手の見守り体制を高めたり、イベント運営をよりスムーズに行える、そんな新しい世界をつくっていきたいと想っています。

ICTを活用した新しい観戦スタイルの確立、スポーツの新しい魅力の発見だけでなく、より楽しみを広げるために競技やスポーツ業界全体をより発展させていきたい。その一歩を、全競技データをトラッキングする技術を通して実現してまいります。



お問合せする

まずはお気軽にご相談、お問合せください。